no title
1 : 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 :2013/01/05(土) 02:36:14.86 ID:7wO4SnZg0
ドロップハンドルバーエンドコントローラークロスバイク

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 02:37:01.45 ID:7wO4SnZg0
男 「んー……最悪の目覚め……首痛ぇ」

男 「てか、時間ヤバい」

数分後

ガチャッ

ヤンデレ 「あっ、男君おはよう」

男 「早くねぇよ。おそよう」

ヤンデレ 「一緒に学校行こう♪」

男 「いつから待ってた?」

ヤンデレ 「んー。五時ぐらいからかな」


http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1357320974/

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 02:37:50.91 ID:7wO4SnZg0
男 「こんな寒いのによくやるな。じゃあ学校行こうか」

ヤンデレ 「えっ、何で自転車に乗ってるの?私歩きだよ」

男 「お前がついて来い」

男 「ま、お前じゃ俺のこだわり抜かれたドロハンバーコンクロスバイクには追いつけないだろうがな」ビューンッ

ヤンデレ 「あっ………行っちゃった」

ヤンデレ 「でも朝から男君と話しちゃったっ///」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 02:39:09.16 ID:7wO4SnZg0
放課後


ヤンデレ 「男君。一緒に帰ろ」

男 「おういいぜ。でもお前じゃ俺のこだわり抜いた以下略」

ヤンデレ 「駄目♪私も連れてって」

男 「おい、荷台に乗るな。積載重量20キロなんだよ」

ヤンデレ 「20キロも無いもん」

男 「ふざけんな。もし壊れたら、お前を壊すからな」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 02:39:40.61 ID:EL24QaXo0
よくわかりません

6 : 忍法帖【Lv=5,xxxP】(1+0:15) :2013/01/05(土) 02:39:59.80 ID:7wO4SnZg0
ヤンデレ 「男君なら……いいよ///」ギュウゥ

男 「はぁ、分かったよ。歩いて帰るから、一旦降りてくれ」

ヤンデレ 「はーい」

男 「馬鹿めっ。俺がパンクした時以外、自転車を押して歩くとでも思ったか!!」ビューンッ

男 「いつも全力。それがモットー!!!!」ヒャッホーイッ

ヤンデレ 「ああ……また置いてかれちゃった」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 02:41:16.93 ID:7wO4SnZg0



男 「ふぁぁあっ………っと」ノビーッ

ヤンデレ 「おはよっ♪」

男 「…………えっ」

ヤンデレ 「むにゅぅぅぅ///」ダキッ

男 「…………えっ」

ヤンデレ 「ふぁあ、男君のにおいぃ///」ギュウゥ

男 「お前さ、俺にとって家がどういう場か知ってる?」

ヤンデレ 「ほえぇ……///」ポケーッ

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 02:42:53.64 ID:7wO4SnZg0
男 「バカチンがっ」バコッ

ヤンデレ 「えっ…えっ……い……痛い」ウルウル

男 「俺の心の方が痛いわ」

男 「俺は家が世界で一番リラックスできる場所だと思ってる」

男 「そこに他人がずかずかと入ってきたらどう思う?」

男 「その瞬間から、家が俺にとってのサンクチュアリじゃなくなるんだよ」

男 「おちおち半裸ブリッジオナニーも出来ないじゃないか」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 02:46:36.58 ID:7wO4SnZg0
ヤンデレ 「お……オナニーなら私が手伝うよ?」

男 「他人にもう一人のデリケートな自分を触らせるわけ無いだろ。思い上がんなアホ」

男 「兎に角、二度とこんな真似するなよ。次やったらお前を敵とみなすからな」

男 「分かったか?」

ヤンデレ 「男君がそう言うならそうするー」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 02:46:43.71 ID:GQo1n5n/0
ヤンデレ要素が薄い
でもいい

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 02:47:58.44 ID:7wO4SnZg0
学校


友 「男は最近、ヤンデレさんと仲がいいね」

男 「別に仲は良くない。話しかけられて反応しないのは失礼だろ」

友 「じゃあ、ヤンデレさんは男に良く話しかけるね」

男 「そうだな」

友 「付き合ってたりするの?」

男 「いや。俺はそういうの苦手なんだよ」

友 「そうだよね。でも好きなタイプとかいたりしない?」

男 「先発完投」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 02:48:44.95 ID:7wO4SnZg0
友 「野球じゃないよ。異性のタイプ」

男 「衛生的に問題が無い人」

友 「ほぼ全員だね」

男 「AIDSはいやだ。日和見感染症怖い」

友 「それは誰だっていやだよ」

男 「友は俺になんて言ってほしいんだよ」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 02:49:53.14 ID:7wO4SnZg0
友 「もっとこうさ……胸のサイズとか」

男 「膂部の膨らみ具合か」

友 「りょっ、りょぶ?」

男 「おっぱいだろ?」

友 「お、おっぱぃ///」

男 「どうでもいいかな。ただ、大きすぎて生活に支障をきたすのは勘弁」

友 「ほっ……」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 02:50:40.07 ID:7wO4SnZg0
男 「俺は衛生的に問題が無く、健康的で精神が安定してる女性がいいな」

友 「ぼっ……僕はどうかな?」オソルオソル

男 「友か、完璧じゃないか。全然臭くないし、健康は言うまでもなく、精神は……どうだろう?」

男 「まだヒステリック起こしたこともないし、大丈夫でしょ」

友 「ほんと!!!」バンザイッ

ヤンデレ 「あーっ男君みっけ!」

男 「ヤンデレも大丈夫だな。友とヤンデレはスレンダーで実に好みだ」

友 「!!!!!」

ヤンデレ 「!!!!!」

ヤンデレ 「…………」ギロッ

友 「なっ、何さっ」

ヤンデレ 「男君は私の方が好き。私も男君が好き」

友 「そんなことないよっ」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 02:51:26.83 ID:7wO4SnZg0
友 「そんなことないよっ」

男 「俺、別にヤンデレのこと好きでも嫌いでもないけど」

ヤンデレ 「えっ……」

友 「ふんっ」

男 「でもまぁ、自分を着飾らないところは多少、好感が持てる」

男 「友は汗のにおいを気にしすぎだ」

友 「!!……馬鹿っ変態っ、死んじゃえっ」ビューンッ

男 「あ」

ヤンデレ 「さっきのは冗談でしょ。友さんがいたから……」ボーッ

男 「いや」

ヤンデレ 「あんまり私以外の女と話しちゃ駄目だよ……」ボーッ

男 「何言ってんだ?先、帰る。じゃあな」

ヤンデレ 「男君が私を見てくれない……」ボーッ

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 02:58:09.87 ID:7wO4SnZg0



ムクッ

男 「あぁ……また寝坊した」

男 「しかも外は雨……」

数分後


ガチャッ

ヤンデレ 「あっ、男君……」ボーッ

男 「お前、傘もささずに何やってんだ?」

ヤンデレ 「男君待ってた」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 03:01:28.38 ID:7wO4SnZg0
男 「顔、赤いぞ」

ヤンデレ 「もう遅刻だねぇ……早く学校行こう……」ボーッ

男 「駄目だ。お前、熱があるだろ。家帰れ」

ヤンデレ 「だいじょーぶだよぉ……」

男 「はぁ。これは俺にも責任あるな」

男 「よし、背中乗れ」

ヤンデレ 「えっどうしてぇ?」

男 「いいから」

ヤンデレ 「う…うん……」

男 「お前の家、どっちだ?」

ヤンデレ 「え……学校はぁ?」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 03:07:37.33 ID:7wO4SnZg0
男 「とりあえず、今日一日は寝てろ。いいな」

ヤンデレ 「男君がそう言うならぁ……」

男 「で、家はどこだ?」

ヤンデレ 「あっちぃ……」ユビサシ


ヤンデレ 「はぁ///男君の背中、あったかぁい……」

男 「お前の体のほうが熱いよ。お前さ、またずっと家の前で俺のこと、待ってたんだよな」

ヤンデレ 「そうだよぉ……」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 03:11:14.89 ID:7wO4SnZg0
男 「インターホンを押しても良かったんじゃないか?」

ヤンデレ 「でも男君が、家はさんくちゅありだからぁって……」

男 「あのな、ちゃんと手順を追って家に上がるのは大丈夫なんだ」

男 「今度からは普通に呼び出してくれ」

ヤンデレ 「………」

男 「どうした?」

ヤンデレ 「………Zzz…Zzz…」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 03:17:51.03 ID:7wO4SnZg0
男 「寝ちまったか」



ヤンデレの家

男 「親はいないのか。俺が看病しないと駄目か」

男 「その前に学校に電話しないと」

prrrr prrrr

男 「もしもし2年A組の男と言います。同じクラスのヤンデレさんが熱を出したので、今日は欠席するそうです」

男 「僕も熱気味なので、今日は休みます。はい……はい。では……」

男 「ふぅ。次はヤンデレをベッドに運ぼう」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 03:30:33.15 ID:7wO4SnZg0
男 「部屋は二階だな」

男 「よっこいしょーいちっと」


ヤンデレの部屋


男 「よいしょっ」

男 「よし、顔色は然程悪くないな。制服はどうしようか」

男 「ま、いいや。それより、この部屋にあるはずの無い俺の私物を取り返さないと」

男 「シャーペン、ノート、ジャージと体操服もある」

男 「ふざけんなよ。買い直したのに……」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 03:34:11.30 ID:eqR5mHl0O
予想通りの展開でワロタ

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 03:37:11.79 ID:7wO4SnZg0
男 「防寒用のネックウォーマーまで……」

男 「看病する気失せた。帰ろ」







男 「ふぁぁん……ん?」

ヤンデレ 「……すぅ……すぅ……」

男 「制服……」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 03:51:24.66 ID:7wO4SnZg0
男 「おい、起きろ」ユサユサ

ヤンデレ 「んぁ……男君だぁ…///」ダキッ

男 「何で、俺のベッドにお前が寝てる?」

ヤンデレ 「男君がインターホンを押せば、家に入っていいって……」ギュゥゥ

男 「色々抜けてるな。それでインターホンはいつ押したんだ?」

ヤンデレ 「5時」

男 「あいさつは人に聞こえなければあいさつしたことにならない」

男 「インターホンを押して相手が気付かなかったら、それはどういうことだ?」

ヤンデレ 「中に入っていいってこと?」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 04:03:10.33 ID:7wO4SnZg0
男 「このおばかさんにはもうこうしてやるっ」ボロンッ

男 「ケツ出せ」パンパンッ

ヤンデレ 「いぐぅぅ……ケツ穴犯されて…いっちゃうぅぅぅっ……!!!!!」

男 「中に出すぞっ」ドビュッ

ヤンデレ 「ん……ぎもぢぃぃぃっ!!!!!!!」


終わり

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 04:04:27.84 ID:7wO4SnZg0
俺が書いた中で最もできがいいSSになりました

これを見てくれた皆さんに少しでも元気を与えられればと思います

それでは、また機会があればお会いしましょう

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 04:04:48.95 ID:SB8TQ1/H0
>>40
てきとーに終わらすなよw

44 : 忍法帖【Lv=12,xxxPT】(1+0:15) :2013/01/05(土) 04:11:13.91 ID:7wO4SnZg0
ごめんなさい
下痢が辛いんです

要望もあるようなので頑張ってもう少し後書きを書きたいと思います

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 04:12:19.22 ID:MoeSODSx0
雑過ぎるだろwwwww

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 04:15:39.51 ID:MDWuKgl20
クソワロタ
一瞬別のやつが勝手に書いたのかと思ったわ

50 : 忍法帖【Lv=12,xxxPT】(1+0:15) :2013/01/05(土) 04:22:01.90 ID:7wO4SnZg0
僕が物書きとして一番許せないのは、一作品を書き切った人に乙の一言も言えない人がいることです
一作品を書き切るには人一人が人並みはずれた労力をはらうんです
そして何より、人一人の乙という一言が賞賛されてるに等しい喜びになるんです
それなのに今、SSを書き切った僕には人一人として乙と一言声をかけてくれる人がいません。僕の作品は出来が悪かったかもしれせん。ひとまずそれは置いといて。僕はこの一作品を書き上げるために秘匿してきたアイデアを一苦労し、一作品へと昇華させました
僕はこうして時間を割いてみなさんを楽しませるようなSSを書こうと頑張った僕の姿勢に乙の一言を頂きたいのです
どうか感謝の言葉を忘れないで下さい

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 04:23:02.25 ID:XKs5RnGw0
ワロタ

52 : 忍法帖【Lv=12,xxxPT】(1+0:15) :2013/01/05(土) 04:23:07.33 ID:7wO4SnZg0
どうだ
おっ?
どうだ?

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 04:25:05.72 ID:MDWuKgl20
2点

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 04:25:24.69 ID:Z7gxGJ0u0
自演で乙があるともっといい

55 : 忍法帖【Lv=12,xxxPT】(1+0:15) :2013/01/05(土) 04:25:24.96 ID:7wO4SnZg0
ひと、という二文字を主軸に文を組み立ててみた

中々いい出来だと思う

SSはどうせ起きた時には落ちてるし、乗っ取っても、肉便器にしても、落としてもいいよ

56 : 忍法帖【Lv=12,xxxPT】(1+0:15) :2013/01/05(土) 04:26:54.36 ID:7wO4SnZg0
>>1乙です
その真摯な物書きとしての姿勢に心がうたれました


どうか書くことを辞めないで下さい
次回作を期待してます

60 : 忍法帖【Lv=5,xxxP】(1+0:15) :2013/01/05(土) 04:29:24.93 ID:zcfBgWck0
僕は>>1が大好きです。

59 : 忍法帖【Lv=12,xxxPT】(1+0:15) :2013/01/05(土) 04:28:43.59 ID:7wO4SnZg0
>>1さん
他に何かSSは書いていますか?

もしかして獣耳の人?


61 : 忍法帖【Lv=12,xxxPT】(1+0:15) :2013/01/05(土) 04:29:31.64 ID:7wO4SnZg0
>>59
はいそうです

まさか読んでくれてた人がいたとは
とても嬉しいです

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 04:30:15.35 ID:SB8TQ1/H0
やばいクソおもろいなこの>>1

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 04:37:30.17 ID:L5aW1MSYI
へんな>>1

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 04:40:10.38 ID:tO3fRx4H0
クソワロタ

66 : 忍法帖【Lv=12,xxxPT】(1+0:15) :2013/01/05(土) 04:44:27.95 ID:7wO4SnZg0
下痢がもしかしたら治まったかもしれない

あーインスパイア
ザネクスト日立
次の時代に新しい風吹き込んでいい?
結構有名な製作所なんだが

ということで書いていい?

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 04:45:09.40 ID:aoSJZ/x10
もう書かなくていいよ

69 : 忍法帖【Lv=12,xxxPT】(1+0:15) :2013/01/05(土) 04:51:10.79 ID:7wO4SnZg0
. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄



. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
      ミヽ ・ω・/彡)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 04:52:10.61 ID:7wO4SnZg0
男 「押してないと同じ事だ」

男 「第一、お前は俺の家に来る時間が早すぎる」

男 「誰だって生活習慣があるんだ。他人のことも考えろ」

ヤンデレ 「でも早く来れば、いっぱい男君に添い寝ができるよ?」

男 「俺だって性に関しては割り切れないことが多い」

男 「本心じゃない状態で誰かと関係は持ちたくないんだ」

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 04:57:09.95 ID:7wO4SnZg0
ヤンデレ 「添い寝はやましいの?」

男 「…………犯すぞ」

ヤンデレ 「どうぞ……///」

男 「冗談だ。休みも近いし、もう遅刻しないようにしよう」

ヤンデレ 「残念……」ショボンッ

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 04:57:57.14 ID:7wO4SnZg0
終業式 当日





友 「やっと休みだね男!」

男 「そうだな」

友 「男は何か予定ある?」

男 「自転車旅行」

友 「えーどこ行くの?」

男 「日光周辺」

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 05:00:35.39 ID:7wO4SnZg0
友 「すごいね」

男 「だいたい一週間を予定してる」

ヤンデレ 「えっ」

男 「おお、ヤンデレ。いたのか」

ヤンデレ 「一週間……」ボーゼンッ

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 05:09:27.18 ID:7wO4SnZg0



男 「ん、メールだ」


from;ヤンデレ


今から私の家にご飯を食べに来て
一週間会えなくなるのはさびしいから



男 「なんであいつ俺のメールアドレス知ってんだ?」

男 「一週間ってのは旅行のことか。まぁいいや、行こうっと」

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 05:11:35.39 ID:X1t8xmvm0
いやな予感がするから行くな男ーっ!

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 05:12:21.30 ID:7wO4SnZg0
ヤンデレ 家


男 「おっじゃまっしまーす」

ヤンデレ 「男君、いらっしゃい」

男 「あれ?親御さんは?」

ヤンデレ 「今は仕事の都合でいないの」

男 「そうなのか」

ヤンデレ 「さ、早くご飯を食べよう」

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 05:22:12.69 ID:7wO4SnZg0
男 「お、おう」


ヤンデレ 「さ、食べて」

男 「どうしたんだ。何か様子が…」

ヤンデレ 「食べて」

男 「あっああ。いただきます」パクゥッ

男 「なんだ、妙に苦いぞ」

男 「これは何の……あ…じ……」バタッ

ヤンデレ 「一週間も耐えられない」

ヤンデレ 「男君は私とずっと一緒にいるの」

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 05:26:50.44 ID:7wO4SnZg0
男 「んぅ……どこだぁ…ここぉ……?」

ヤンデレ 「私の家」

男 「ヤンデレ……?」

男 「そうだっ。確か、お前の家でご飯を食べて……っ」

ヤンデレ 「男君は私のものになるの」

男 「ふざけるなっ。なんだっ、手も足も縛られてるのか…!?」

ヤンデレ 「最初は受け入れられないかもしれないけど、すぐ私がいないと生きていけない体にしてあげる」

男 「お前……」

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 05:28:30.55 ID:7wO4SnZg0
男 「お前……」

ヤンデレ 「今日はもう眠いよ。一緒に寝よ」

ヤンデレ 「男君のにおい……」クンクンッ

ヤンデレ 「とっても落ち着く」ギュゥゥッ

男 「お前はこれでいいのかよ」

ヤンデレ 「男君がどこかへ行っちゃうなら、無理にでも一緒にいたい……」

男 「まぁ、いいけどさ」

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 05:28:34.56 ID:UzAF2BAp0
そこまでするならクロスじゃなくロード乗れよ
むしろピスト乗れよ

83 : 忍法帖【Lv=12,xxxPT】(1+0:15) :2013/01/05(土) 05:32:16.17 ID:7wO4SnZg0
>>82
みんながみんな金持ってると思うなよぼけ
本当はバーコンでもSTIでもないわ

7000円で取り替えてやったぜ


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 05:40:32.32 ID:UzAF2BAp0
>>83
俺のクロスはバーハンじゃぼけ
俺だって金がないんじゃ


86 : 忍法帖【Lv=12,xxxPT】(1+0:15) :2013/01/05(土) 05:42:58.82 ID:7wO4SnZg0
>>85
はいざまぁ
それで我慢してな

俺はドロップハンドルでサイクリングだわwwwwww

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 05:36:47.77 ID:7wO4SnZg0
ヤンデレ 「男君……好きぃ……///」ギュゥゥゥゥッ

ヤンデレ 「好きぃ…ぃ……」

ヤンデレ 「すぅ………すぅ……すぅ……」

男 「寝付きだけは本当にいいな」

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 05:46:59.94 ID:7wO4SnZg0
ヤンデレ 「…………」モゾモゾ

男 「ん?起きたか?」

ヤンデレ 「んぁぁ……男君だぁぁ……」スリスリッ

男 「顔を擦りつけるな」

ヤンデレ 「……んっ……あっ///」クチュクチュ

男 「おいっ、冗談だろっ」

ヤンデレ 「……んっ……んっ……!!」ビクンビクンッ

ヤンデレ 「男君……気持ちぃぃ……///」

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 05:51:30.19 ID:7wO4SnZg0
男 「隣でオナるなよ」

ヤンデレ 「男君も気持ちよくなりたい?」

男 「絶対嫌だ」

ヤンデレ 「どうして?」

男 「言っただろ。本心じゃない状態で関係を持ちたくないんだ」

ヤンデレ 「むぅ~、男君は私のペットなのにっ」

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 06:03:57.89 ID:X1t8xmvm0
なんかだんだんヤンデレかわいく見えてきたな

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 07:32:20.50 ID:b6hkpDWj0
保守&支援

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 07:48:04.56 ID:b6hkpDWj0
はっぴぃめざしてー

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 07:59:00.41 ID:b6hkpDWj0
保守&支援

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 09:31:14.37 ID:b6hkpDWj0
保守

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 10:00:07.74 ID:f0bxBPAP0
こんなヤンデレだったら全然問題ない

105 : 忍法帖【Lv=12,xxxPT】(1+0:15) :2013/01/05(土) 10:18:10.48 ID:7wO4SnZg0


106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 10:26:19.13 ID:daM0kBHm0
>>105
はよ

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 10:27:57.10 ID:/tMcN4xN0
>>105
はよ

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 10:29:02.94 ID:J48EyDiVO
>>105
はよ

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 10:30:27.86 ID:bgvO0jCM0
>>105
はよ

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 10:35:29.07 ID:L4QQz9k+i
>>105
はよ

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 10:36:02.19 ID:CPiRgwfm0
>>105
はよ

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 10:47:17.50 ID:ylTLLudh0
>>105
はよ

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 11:14:59.53 ID:QHqMw6nD0
>>105
はよ

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 11:25:20.62 ID:lEDowJf50
>>105
はよ

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 11:31:40.50 ID:LDAicAKg0
>>105
はよ

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 11:46:05.35 ID:aoSJZ/x10
>>105
はよ

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 11:59:40.98 ID:amRCyTIX0
>>105
はい

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 12:05:07.98 ID:vV83kZyW0
>>105はよ

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 12:50:10.19 ID:tTkJU4YU0
      ΩΩ
     |・・|
     | J| ここは首を長くして
     |ー| 待つのが得策かと……
     |  |
     |  |
     |  |
     |  |
     |  |
     |  |
     |  |
     |  |
     |  |
     |  |
     |  |
     |  |
     |  |
     |  |
     |  |
     |  |      ∧_∧
    /     \   (     ) よく言った!
.__| |    .| |_ /      ヽ
||\  ̄ ̄ ̄ ̄   / .|   | |
||\..∧_∧    (⌒\|__./ ./
||.  (    )     ~\_____ノ|   ∧_∧
  /   ヽ  その通りだ   \|   (    ) 正論だな!
  |     ヽ           \/     ヽ.
  |    |ヽ、二⌒)        / .|   | |
  .|    ヽ \∧_∧    (⌒\|__./ /


129 : 忍法帖【Lv=12,xxxPT】(1+0:15) :2013/01/05(土) 14:16:38.85 ID:7wO4SnZg0
ごめん今起きた
少ししたらまた始める

保守サンクス

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 14:17:51.48 ID:az71GeZt0
きたか

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 14:19:31.87 ID:7wO4SnZg0
ヤンデレ 「お仕置きっ」ムチュッ

男 「んっ……」

ヤンデレ 「ぷはぁ……」

男 「ん、キスなんてやめてくれ」

ヤンデレ 「いいの。男君は私のペットなだから」

ヤンデレ 「大丈夫。ちゃんと今のがファーストキスだよ」

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 14:20:30.25 ID:EE9ojxI80
俺もペットになりたい

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 14:24:37.69 ID:7wO4SnZg0
男 「俺は違うけどな……」

ヤンデレ 「えっ……」

ヤンデレ 「誰?……誰が男君のファーストキスを無理矢理奪ったの?」ゴゴゴゴゴッ

男 「えっ、ちょっ……冗談だってば」アタフタッ

ヤンデレ 「もうっ、飼い主に嘘ついちゃ駄目っ」

ヤンデレ 「もう一回、お仕置きっ」チュゥゥッ

男 「んんっ……苦しい」

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 14:30:56.77 ID:7wO4SnZg0
ヤンデレ 「まだまだっ」チュゥゥゥゥゥッ!!

男 「むぅぅぅぅっ…………!!!」

ヤンデレ 「はぁ…はぁ……反省した……?」

男 「ああ、俺が間違ってたよ。愛してるハニー。だから縄をほどいてくれ」

ヤンデレ 「ハニー……///」

男 「あー、もういいや。腹減ったから、何か食うもんくれ」

ヤンデレ 「あっ、うん。今持ってくるよダーリン……///」

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 14:36:18.61 ID:7wO4SnZg0
男 「頼んだぞ。召使い」

ヤンデレ 「はーいっ」


ヤンデレ 「お、ま、た、せ。ダーリン……///」

男 「遅いぞ飯使い」

ヤンデレ 「私が食べさせてあげるね」

男 「俺はお前のペットなんだろ」

ヤンデレ 「そうだよぉ……ずーっと一緒」

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 14:43:33.43 ID:7wO4SnZg0
男 「普通ペットには首輪じゃないか。手と足を縛られると凄く窮屈なんだけど」

ヤンデレ 「えーっ。でも男君、きっと逃げちゃうよ」

男 「逃げねぇよ。それどころかお前をベッドに押し倒してやる」

ヤンデレ 「えっ、ほんとっ!!!」

男 「ああ、だからさっさと首輪を持って来い」

ヤンデレ 「分かったー♪」


ヤンデレ 「持って来たよー」

男 「さっさとつけろ」

ヤンデレ 「うん」カチャカチャ

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 14:50:22.80 ID:7wO4SnZg0
男 「……なんで、首輪なんて持ってんの?人用だよなこれ……」

ヤンデレ 「男君と愛し合うときになったら必要かな?……って」

男 「お前の愛はプロボクサーのパンチぐらい重いよ。心に響く」

ヤンデレ 「はいっ、出来た」

ヤンデレ 「さっ、ご飯食べよっ」

男 「あぁーん?先に押し倒すに決まってるだろうが!!!」ドーンッ

ヤンデレ 「きゃーっ///男君に襲われちゃうーっ♪」

男 「襲わねぇよ」

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 14:57:19.15 ID:7wO4SnZg0
ヤンデレ 「ええぇっ。ベッドで男女二人が抱き合ってるのに愛し合わないのはおかしいよっ」

男 「あのな、俺の愛はこの抱擁にぜーんぶ詰まってるんだ」

男 「お前にはそれが感じられないのか?」

ヤンデレ 「ううん。いーっぱいっ感じてるよ」

男 「だからさ、もう少し……せめて、俺が自分の気持ちに正直になれるまではこうして抱き合っていよう」ギュウッ

ヤンデレ 「ふあぁっ……///」

男 「お前は本当にいいにおいがするな。ずっと抱いていたい」

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 14:59:20.33 ID:7wO4SnZg0
ヤンデレ 「えへへっ……男君も安心するにおいがするよぉ……///」

ヤンデレ 「あ…れっ…?」

ヤンデレ 「眠くなってきちゃったよぉ……///」

男 「そうか、寝ていいぞ。ずっとそばにいてやる」ギュゥッ

ヤンデレ 「………すぅ………すぅ………」

男 「びっくりするぐらい寝付きがいいな」

男 「よしっ、この間に家に帰るか」

男 「その前に飯食べよっ」

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 15:01:10.83 ID:EE9ojxI80
男の方が一枚上手だったか

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 15:09:09.58 ID:TmKyygawO
やっぱりヤンデレは最高だわ

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 15:13:48.34 ID:7wO4SnZg0
男の家


男 「飯も食ったし、風呂も入った。久々にブリッジオナニーもした」

男 「ふぅ、流石俺のサンクチュアリ。安心感が違うわ」

ピンポーン

男 「おっ、来たか」

ガチャッ

ヤンデレ 「男君」

男 「よっ。インターホンを押したのはいいけど、家の人が出るまで中に入っちゃ駄目だぞ」

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 15:18:37.31 ID:7wO4SnZg0
ヤンデレ 「男君、どうして逃げたの?」

男 「逃げてないよ」

ヤンデレ 「嘘。男君はずっとそばにいてやるって言った」

男 「いちいち五月蝿い阿呆だな」

男 「たかだか、数キロの距離じゃないか」

男 「自転車なら10分と掛からない」

ヤンデレ 「男君は私のペット。私から離れちゃいけないの」

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 15:21:55.16 ID:7wO4SnZg0
男 「それがうざいんだよ」

男 「離れたくないなら、会いに行けばいい」

男 「一緒にいたいなら、共に生きていけばいい」

男 「そんな事も分からないのか?」

ヤンデレ 「でも男君は私を置いていく」

ヤンデレ 「私じゃ追いつけない」

男 「そりゃぁ、俺は自転車に乗ってるからな」

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 15:34:15.60 ID:7wO4SnZg0
ヤンデレ 「それならいっそ、男君が動けなくなってもいい」スッ

男 「無駄さ。包丁でやられるほど俺もとろくない」

ヤンデレ 「男君、なんで私と一緒にいてくれないの?」

男 「お前が包丁を持ってるから」

男 「そして、俺が金属バットを持ってるから

男 「阿呆女の包丁と俺のスイングスピード。勝負になると思うか?」

ヤンデレ 「ああああぁぁぁ!!!!」

男 「動きが単調だぜ、お嬢ちゃん」


カキーンッ!!!!

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 15:38:05.98 ID:7wO4SnZg0
男 「ああぁぁっ、バット凹んだっ!!!」

ヤンデレ 「あぁ……男君が離れていく……」

ヤンデレ 「いやだよぉ…いかないでぇ……いっしょに…いてよぉ……」シクシク

男 「まぁ、聞けよヤンデレ」

ヤンデレ 「男君……男君………」

男 「お前はさ、俺についてくる気は無いのか?」

ヤンデレ 「えっ……?」

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 15:39:02.88 ID:7wO4SnZg0
男 「追いつかなくてもいいだろ。並走は危ないぞ」

ヤンデレ 「なんの……はな…し……?」

男 「お前も自転車に乗れよ」

ヤンデレ 「自転車……?」

男 「俺と一緒にいたいんだろ?なら、俺について来い」

男 「大丈夫、一緒にサイクリングするなら、置いてなんて行かないよ」

ヤンデレ 「えっ……ほんと……?」

155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 15:43:40.16 ID:6I1A/pq1i
まさかの自転車スレ

157 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) :2013/01/05(土) 15:49:05.50 ID:I8uHxPDE0
え、まじ?自転車スレ?やったー

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 15:52:01.79 ID:7wO4SnZg0
男 「自転車に乗ってるとさ、たまにあるんだよ」

男 「追い風と自分の走ってるスピードが重なるときがさ」

男 「その瞬間は、世界の一切が自分のものになるんだ」

男 「無風無音。いくら疲れててもそれを知ってしまうとつい求めしまうんだ」

男 「あの自分が風になる感覚を。きっとお前も忘れられなくなるぜ」

男 「将来は日本一周をするんだ。もしその時、お前が隣にいたらさ、俺はなにより嬉しい」

159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 15:52:49.11 ID:7wO4SnZg0
男 「なぁ、ヤンデレ。俺と走らないか?」

ヤンデレ 「うっ……うんっ!!」


男 「ただ買った自転車を乗り回すんじゃ駄目だ」

男 「自転車の知識がないといざというときに電車()とかいう、ゴミ交通機関を使わなきゃいけなくなる」

男 「最低限、ブレーキ、ハンドル、ギアの仕組みと、調整に必要な道具、それと自転車の各部名称を知るんだ」

男 「サイクリングはそれからだぞ。分かったか?」

ヤンデレ 「うんっ。男君大好きだよっ」ギュゥゥッ

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 15:53:36.09 ID:7wO4SnZg0
男 「自転車にはキャリパー、ディスク、カンチ、V、大きく4つのブレーキがある」

男 「それとSTIとバーコンという2つの…………」

男 「デュアコンや一般的な自転車はほとんどSTIと言って…………」

男 「対照的にバーコンはクロスやMTBをドロップ…………」



友 「僕も自転車に乗れば、男にもっと近づけるかな」

タッタッタッタッ

友 「男ぉー。僕にも自転車のこと、教えてっ」

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 15:54:56.15 ID:7wO4SnZg0
男 「おおいいぜ。ヤンデレもしっかり聞いておけよっ」

男 「VブレーキはMTBやクロスに多く………」

ヤンデレ 「アルファベットじゃ分かんないっ」

男 「STIはシマノトータルインテグレーション、MTBは…………」

男 「デュアコンはデュアルコントローラー…………」

男 「バーコンはバーエンドコントローラー………」

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 15:55:17.85 ID:UzAF2BAp0
自転車スレだった

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 15:56:41.52 ID:7wO4SnZg0
男 「卒業までに、目指せっ。房総半島一周!!!」

ヤンデレ 「オオォォォッ!!!!」

友 「オオオォォォォッ!!!!!!」








自転車っていいよね 完

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 15:57:11.32 ID:E3bZcijM0
自転車・・・・

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 15:57:22.75 ID:li4Nt5U30
これは巧妙な自転車のステマ

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 16:01:32.69 ID:az71GeZt0
>>165
ステマですらない

167 : 忍法帖【Lv=12,xxxPT】(1+0:15) :2013/01/05(土) 16:02:05.56 ID:7wO4SnZg0
僕が物書きとして一番許せないのは、一作品を書き切った人に乙の一言も言えない人がいることですぅ~w疲れましたw
一作品を書き切るには人一人が人並みはずれた労力をはらうんですぅ~w疲れましたw
そして何より、人一人の乙という一言が賞賛されてるに等しい喜びになるんですぅ~w疲れましたw
それなのに今、SSを書き切った僕には人一人として乙と一言声をかけてくれる人がいません。僕の作品は出来が悪かったかもしれせん。ひとまずそれは置いといて。僕はこの一作品を書き上げるために秘匿してきたアイデアを一苦労し、一作品へと昇華させました
僕はこうして時間を割いてみなさんを楽しませるようなSSを書こうと頑張った僕の姿勢に乙の一言を頂きたいのですぅ~w疲れましたw
どうか感謝の言葉を忘れないで下さい

169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 16:05:08.52 ID:MS5v6cUq0
>>167
くそこんなので

170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 16:06:23.21 ID:dsY9Bv0w0
>>167
わらた

174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 16:25:48.47 ID:CPiRgwfm0
おつりんぐ

お知らせ : 無  
よければ気軽にコメントやRTしてあげて下さい